野菜

青さのりって聞いて、食べたことがある人は、わかると思いますが、手に入りやすい地域と手に入りにくい地域があります。青さのりは、とても香りが良く、一度食べたら何度でも食べたくなる食材になっています。

青さのりの気になる成分ですが、海藻になっていますので、ビタミン・ミネラルを豊富に含んでいます。そのほかビタミンB1・ビタミンB2・リンなどを含んでいます。

ビタミンB1:水溶性のビタミンで炭水化物の代謝を促し、エネルギーを作り出すので疲労回復には、とても効果的になります。みなさん、ビタミンB1が不足すると糖質がうまくエネルギーにならないので、日ごろの疲れを感じたり食欲不振なったりするんです。
ビタミンB1をしっかり摂取すれば体も元気になってきます。

ビタミンB2:細胞の新陳代謝を促し、皮膚や粘膜の成長に役立ちます。
糖質・脂質・たんぱく質を体内でエネルギーに変えてくれております。
また、代謝を助ける働きをしているため、たくさん食べる方は特に気をつけて摂取したほうがよい成分です。

リン:骨・歯を構成するミネラルで、人間の体にはとても重要な栄養素になります。
リンの8割は骨や歯をつくるのにつかわれますが、残りは、筋肉・脳・神経などの組織に含まれています。

この青さのりを一番多く摂取している県は、三重県になっていますが、健康診断でBMI値が日本でもっとも低く、肥満も少ない県になっているってご存知でしょうか?
それは、小さいころから、青さのりを日常的に食べているので、腸内環境を整え、中性脂肪・コレステロールなどの吸収を抑えてくれているからなんです。

味噌汁にいれてもいいし、天ぷらにしてもいいし、サラダにいれて食べてもOKなので、BMI値が高く、メタボが気になり始めたら試してみて下さい。

特級あおさのり

野菜が嫌いな人は、肉や油を使った料理が大好きなので、血液の流れはドロドロになっています。
若い時は、良いのですが、年をとると血管もボロボロになり、血管も破けやすくなます。

ご家庭にある水まきホースを想像してみて下さい。最初は、よいのですが、だんだんと風化してきて亀裂が入り、そこから水がもれだすような状態になります。血管も同じで、血液の流れを良くしていないと、やがて血管に亀裂が入り、血が流れだすような状態になるんです。
そうなると血栓ができますので、場所によっては重症になってしまうんです。

今、癌の次に脳梗塞などの血液の病気が問題になっているは調べてみるとわかることです。
これは、現代の食の文化が、いきすぎてしまっている味になってしまっているから味が濃いものを美味しいと認識しまっているので、脳が美味しいと覚えると、なかなかその記憶を取り消すことができないので、皆、味が濃いものにとりつかれてしまっているです。

しかし、いざ、目の前に野菜を出されても食べれない人はかなりいるんです。
野菜には、血液が固まるのを抑制する働きがあったり、抗酸化作用があったり、LDLコレステロールの酸化を防ぎ、血流改善にもなっているのでとても重要なんです。

そこで、どうしても野菜が食べれない人は、この粒を飲んでみて下さい。
この粒の中には、32種類もの体に必要な野菜が入っています。
飲んでいるだけなので、体に効いているかどうかわからないと思いますが、飲み続けているとあきらかに違ってくるのがわかるはずです。

野菜の成分が体に入り始めて、3週間くらいすると血液の流れがよくなってくるはずです。
そうになってくると、仕事から帰って寝るとします。次の日には、体調が良い日が続くはずです。
野菜を多く食べている人は、一晩寝て、次の日におきると、疲れは残っていないものなのです。
これは、血液の流れがよくなったからなんです。
慣れてきたら、野菜の力のすごさがわかってくると思いますので、徐々に生野菜も食べるようにしてみてください。

DHCパーフェクト野菜 プレミアム