納豆のネバネバ成分の効果とは

納豆には、ネバネバしたものがありますが、これは血液をサラサラにする効果があります。

納豆の主成分は、たんぱく質、脂質、カルシウム、鉄などの栄養を含んでいます
が、大豆には少ない脂質代謝に欠かせないビタミンB2を多く含んでいるのが特徴です。

納豆特有の成分として注目されているのがナットウキナーゼです。これは大豆を納豆菌で発酵させることによって生まれる酵素で大豆には含まれていません。ほかにも納豆菌が作り出す有効成分としてはビタミンK2があります。ビタミンK2はカルシウムを体内に取り込むために無くてはならない栄養素です。

納豆のネバネバの主成分であるγ―ポリグルタミン酸は、多くの発酵食品の中でも納豆に多く存在し、血糖値制御に関係しています。 実際に米飯と納豆を一緒に食べた時に米飯のみを食べるのに比べ、食後の血糖値の上昇やインスリンの過剰な分泌を抑えられていました。

ナットウキナーゼは血栓の主成分に直接働きかけて溶解する作用があります。

納豆の発酵により、腸から吸収しやすいイソフラボンの形(アグリコン型)に変化します。アグリコン型イソフラボンを摂取することで、ホルモンバランスを整え、のぼせやほてりなどの更年期症状の改善効果があります。

このプチポロリ納豆スナックは、お菓子感覚で食べれますので、他のお菓子を食べるんだったらこれを食べていた方が健康にも良いし、納豆の貴重な成分も体に摂り入れることができます。
あまりにも美味しいのですぐに食べて無くなってしまいます。

カンロ プチポリ納豆スナック醤油味 20g×3袋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA