イワシからはDHAやEPAなどの健康に良い油が取れます。

イワシは、テレビや水族館で見たことがあると思いますが、群れを作って回遊しているので、大量に漁獲でき日本でも大きな水揚げのできる魚です。

イワシは、昔から「イワシ百匹、頭の薬」って言われてきたので、聞いたことがあると思いますが、この魚には、多くの栄養が含まれています。

DHA(ドコサヘキサエン酸)とIPA(イコサペンタエン酸)が豊富に含まれていて、DHAは脳・神経組織の発育や機能を高めており、IPAは血小板の凝集を抑制し、血栓を溶かし、血管を拡張させる働きがあります。

人間の血管にある悪玉コレステロールを減らして善玉コレステロールを増やし、血液中の中性脂肪を減らしてくれます。
現代に多い、脳梗塞、心筋梗塞、高血圧、動脈硬化、狭心症などを予防・改善する効果があります。また、カルシウムも豊富に含まれているので、効率よく摂取することができます。

EPA(エイコサペンタエン酸)も多く含まれており、血管・血液の健康維持に重要になっていて、「血液をサラサラにする」「中性脂肪値を下げる」「血管年齢を若く保つ」「心臓病・脳梗塞を防ぐ」「動脈硬化を防ぐ」などの効果があります。

私がおすすめするのは、このイワシの缶詰になります。缶のフタを開けると、満足のいく量で味付けも美味しいので、あつあつのご飯にのせていただくと最高に美味しいです。

私の友人にお肉ばかり好んで食べている人がいたのですが、お肉はなるべくやめて、魚食に変更させたところコレステロール値が下がってきました。この缶詰も食べさせたところ、「魚ってこんなに美味しかったっけ?」と言って食べておりました。
お肉が好きな人って結構、魚を食べずに嫌いって言っている人が多いと思います。

いわし 煮つけ 缶詰

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA