規則正しい食生活

規則正しい食生活

長年かかって高カロリーな食事をし、コレステロールをためてしまって、アテロームができてしまっている人は、かなり多いと思います。動脈硬化になるまえに、末端血管や毛細血管も詰まり、次第に動脈も詰まってくるといった感じになっていると思います。

コロナに感染すると末端血管や毛細血管に血栓ができやすくなるので、血管が壊死し、味覚障害・聴力障害・視力障害・嗅覚障害などの症状があらわれているんだと思います。今、世界がワクチンを開発しておりますが、ワクチンは、コロナウイルスに対抗するために免疫システムを活性化させるためのものであって、壊死した血管は、治ることはないんです。ワクチンを打って、コロナに感染しにくい体になっても、コロナでやられて壊死した血管はもとには戻らないので、ずっと障害をかかえたまま生きるようになると思います。

コロナに感染しても大丈夫な体つくりが必要になってくるんです。それは、規則正しい食生活に戻ることです。

では、どうすればよいのか?ってことですが、私のおこなっている食事方法を教えます。これは、できる人とできない人に分かれると思いますので参考にしてみてください。

1)血液の流れを意識した食事生活に変えること

2)タバコはやめて下さい。

3)スーパーなどのお総菜コーナーの油を使って調理した食べ物には手を出さない。これは、使いまわしの油を使っているため酸化してしまっているんです。酸化した食べ物を体の中に入れないでください。

4)お菓子、おせんべい・バターを使用したクッキー、カップラーメンなどは食べないでください。各食べ物の裏にはカロリーなどが表示されていると思いますが、高カロリーになっていますので、やめてください。

5)小麦粉を使った食べ物は、ひかえること。何故かといいますと、それぞれの調味料を見て下さい。わずかながら小麦粉がはいっているんです。わざわざ、小麦粉の料理を食べる必要はないです。

すでに、これをみてあきらめた人はいると思いますが、普段から規則正しい食生活を続けていれば、1週間に1日は、好きな物を食べても大丈夫といった感じにきりかえるんです。毎日、好きな物を食べていると必ず倒れますよ。

では、以下に私がおこなっている食事の内容を記入しますので参考にしてみて下さい。

血栓をつくらせないためには、コレステロール値を下げて、酸化しにくい体にすることが大切になります。すでに、コレステロール値が高い人は、食生活の改善で動脈・毛細血管・末端血管の流れをよくすることができます。

 

毎日、必要な食べ物は、

・青魚(アジ・サンマ・ホッケ・鮭など)

・サラダ(レタス・玉ねぎ・ニンジン・きのこ・キャベツ・パプリカ・アボカド・トマト等)5種類以上を混ぜて食べる。シーチキンを入れても良い、その場合は、シーチキンの汁も入れると良い。

・フルーツ(バナナ・ミカン・キーウィ・パイナップル)などを脂肪0のヨーグルトにいれて食べると良い。

・油(こめ油・オリーブオイルがおすすめ)、酸化しにくい油になります。

 

注意しなくてはいけない食べ物

・スーパーなどのお総菜コーナーの、油を使った食べ物、お弁当

・おせんべい・ポテトチップなどの塩分が高い食べ物

・ケーキ・クッキーなどのバターや生クリームを使った食べ物

・ジャンクフード・ラーメン・カレーなどは駄目!

・お菓子は、基本駄目と思ってください。

 

野菜炒めなどを作るときは、米油を使うと良いと思います。酸化しにくい油で、ビタミンEも含まれております。パスタやチャーハンは、オリーブオイルを使うと良いです。

 

ハンバーグなどを作るときは、ひき肉にお豆腐・玉ねぎなどを混ぜて作ると良いです。

 

お肉を食べるときは、お肉の成分を分解するような野菜を食べる。玉ねぎ・キャベツ等!

 

お肉の選び方は、鶏肉・豚肉・牛肉の順番です。なるべく油のすくないタイプのものを選びましょう。

 

ベルクでは、毎週。火曜日に青魚が安くなっております。参考にしてください。

 

仕事が忙しく、コンビニなどですませる場合は、おにぎりで、魚がはいっていたり、胡麻をつかっていたり、せきはんを選んだりしてください。チャーハン・お肉系は選ばないようにしてください。

 

そとで売っているお弁当は、油を使っていないタイプの物を選びましょう。どうしても、駄目な時は、魚をつかっているものにしましょう。

青魚には、魚の油に含まれるEPAにはコレステロール、中性脂肪を減らし動脈硬化を予防する作用があり、さらに血液が固まるのを防ぎ、血栓を予防する効果があります。脳梗塞の予防に大変効果があるのです。また同様に魚の油に含まれるDHAにはEPA以上にコレステロールや中性脂肪を下げ、動脈硬化を予防する作用があります。魚をたくさん食べる方ほど脳梗塞にかかりにくいのです。

これからは、お肉をたくさん食べるのではなく、青魚と野菜を中心とした生活にきりかえることが必要になってきます。お肉は、あくまでもエネルギーとして考えるようにしてください。