管理人より

始めまして管理人の宮崎です。

このようなブログを書くようにしたのは、実は、私の母は、2020年1月に脳梗塞で倒れたんです。母の食事は、贅沢をしておらず、家にある物を食べているといった感じでした。畑でとれたものや知り合いからもらったものなどで、朝は、お茶の中に梅干しを入れて飲んでおりました。そんな母が、ある夜に倒れたのにはびっくりしました。救急車で運ばれ、医者に診断してもらった結果が、脳梗塞!しかもえんずいっていう場所で、ここの場所をやられると寿命は短いそうです。

私は、医者のMRIの結果をみて、脳の血管がかなりボロボロになっているので、驚きました。医者も、「これはいつ倒れてもおかしくないです」と言ったほどです。なんとか強い薬の投与で命はつなげたものの、これから先の不安が襲ってきました。

そこで、動脈硬化について勉強してみると、食生活が原因ということがわかってきました。母が退院してくるまでに、正しい食生活のリズムをつくることが大切だと思い、3か月間ひたすら勉強しました。

毎日、青魚を1匹食べる。油をなるべく使わない料理にする。油を使う時は、酸化しにくい、米油、オリーブオイルなどに変更する。野菜をたくさん食べるようにする。果物やヨーグルトも食べるようにする。海藻類やキノコなども食べるようにする。

上記の食事は慣れるまでにかなり時間がかかりましたが、私も食事改善し、72kgから63kgまで体重が減りました。別に意識したわけではないのですが、食生活を改善したら自然と体重が減って、血液の流れもよくなりました。

血液の流れは、3か月ほどでよくなり、1晩寝て起きると次の日は、体に疲れなどは残らなくなりました。人間っていくら疲れていても一晩寝れば次の日は、改善されているものなんです。それが、疲れが残っているということは、血液の流れが悪いってことなんです。

今は、あれから8か月以上はたちましたが、かなり体調も良く、おそらくこの体ならコロナとも戦えそうです。母も今では、医者が驚くほど、回復しており元気にすごしております。ただ、壊死した場所は戻らないので、足をすこしひきずっておりますが、なんとか元気に過ごしております。

スーパー・コンビニ・ファーストフード店・ラーメン屋など美味しいお店はたくさんありますが、人間が感じる美味しい物って味が濃い物になってきてしまっています。このような社会にしたのは、私たちで、「もっと美味しい物!もっともっと!」といった社会が人間の体を弱くしたんだと思います。このブログを見た人は、早く食事改善し、規則正しい食生活にしてください。そうすれば、たまには好き物も食べても大丈夫だと思います。